© bigthegrape

HAPPY,SAD AND LOVIN'

スマホでの視聴:巻き戻しボタンの横の音符ボタンで歌詞が閲覧できます(機種によってはタイムラグがあります)。
 
ダウンロード方法
パソコン:左上のダウンロードボタンから音源、ジャケット、歌詞、解説のPDFのダウンロードが可能です。
スマホ:左上のダウンロードボタンを押してパソコンのメールアドレスを入力すると、音源、ジャケット、歌詞、解説のPDFのファイルがメールに転送されます。添付のURLをクリックするとパソコン内にデータがダウンロードされます
​★予告なしにサービスが終了する場合がありますので、データはダウンロードしてパソコン等で保存していただきますようお願いします。

前作『for you blue』の制作メンバーで作り上げた7枚目ライブハウス限定デモ音源。幅広い音楽性で紡がれたダンスチューン!

◆解説
前作のレコーディングから約半年。
この面子でライブやリハーサルを重ねて、気心が知れた状態でレコーディングに挑むということは、前作よりもリラックスをして作業に取りかかれるという反面、いい意味でも悪い意味でもプレイヤーとしての個性がより出てくるともいえます。
今回も前作同様に僕がベースとなる曲をスタジオに持っていって、こういう感じでとイメージを伝えて曲を固めはじめたのですが、サルーンさんもだいちゃんもカブちゃんもイメージを的確に解釈した上で、今作は前作以上にプレイヤーとしての個性を炸裂させて、さらに「おれはこうやるけど、お前はどう出る?」というような試し合い(?)までも行われ、お互いがお互いの音楽の引き出しを開けまくった気がします。
こういう場合、個性がぶつかって時に火花を散らす、、ということもたまにあると思うのですが、各自が自分のカラーを出しながら曲が良くなるように、全体をプロデューサーのような目線で見て絶妙にバランスを取っていたので、実に良い感じに曲が化けていきました。所謂バンドマジックというやつですね。
そんなこともあり、最初のリハーサルの時と出来上がった作品は全く違うものになりましたが、結果的にメンバーもスタッフも面白い作品が出来上がったと胸を張っております。
個人的は話になりますが、昔は自分の『我』を通して、自分の物差しを最優先にモノを作っていました。でも今回の音源を作ってみて、僕の物差しよりも制作スタッフみんなが良いと思える作品が出来上がることのほうが、清々しいものだなぁと思い知りました。
これを手にしたみなさんにもそんなぼくたちの思いが伝わると嬉しいです。
ジャケットはコバルトコジマ、渾身のイラストです。僕が昔大好きだった『お笑いマンガ道場』テイストの『タキシー・ド・ライダー』となっております。
この文章はレコーディングが終わった直後に書いています。
いいものが出来たなぁというある種の満足感とともに、またこのエネルギーを使って次作を作るのかと思うとちょっとゾッとした心持ちでもあります(笑)。
text by umu

umu:Vo,Eg,key,Cho
saloon:Dr,Cho
yutaka kaburaki:Eg,Key,Cho
daisuke ichikawa:Ba,Cho

All songs written by umu
Produced by umu,saloon,yutaka kaburaki,daisuke ichikawa

Recorded&Mixed by yutaka kaburaki
Masterd by yutaka kaburaki

Art Direction:umu
Design:Coji

Supported by ARYU Co. Ltd